フリーランスと経費問題

フリーランスになるということ

フリーランスの確定申告の仕方

安定したサラリーマン勤めから一転して、フリーランスで開業したばかりのころは何かと戸惑うことが多いものです。

せっかくフリーランスならではの自由な時間の使い方や、自分のスキルを発揮して思い切り稼ぐことができることに魅力を感じてフリーランスの世界に飛び込んだにもかかわらず、自分はフリーランスとして生きることに向いていないのではないかというような不安に駆られることもあるかもしれません。

確かにフリーランスという生き方、働き方には向き不向きがあることを理解しておく必要があるでしょう。まずフリーランスに向いている人の条件としてあげられるのは自己管理が出来る人が向いている、ということでしょう。健康管理や仕事量の調整ができて、必要ならば自分で交渉して自分の求める条件を勝ち取ることができないとフリーランスの生活はつらいかもしれません。

また、意外とフリーランスの生活は仕事モードのオンとオフの区別がつきにくいものです。なぜなら、時間や場所の融通が利くということははっきりとしたボーダーラインが見えなくなることでもあるからです。完全に100%オフと呼べる時間は意外と少ないものなので、そのような状況がストレスに感じない人もフリーランス向きのメンタルを持っているといえるでしょう。

プロフェッショナルとしての自分のスキルにプライドを持つことも大切ですが、実際に仕事が回ってくるバックボーンには、知り合いというコネによる紹介であることがほとんどという現実があります。たいていのことは水に流せて、人好きのする、けれども引き受けた仕事をやり遂げる責任感はとても強い、そんなタイプの人もフリーランス向きといえるのかもしれません。

また、フリーランスの魅力の一つ収入アップということでいえば、確かに仕事をすればするだけ収入が増えるので、やりがいはあるといえますが、その分働かなくてはいけないことは当然です。働くことが好き、好きな仕事で働きたい気持ちを持ち続けられることもフリーランスで働く条件の一つになるのでしょう。