フリーランスと経費問題

フリーランスは経費をしっかり

フリーランスの重要な経費

フリーランスとして働き、個人事業主として青色申告・白色申告を行うならば、かかった経費をしっかり確認しておく必要があります。ここで経費について確認しておきましょう。

経費とは、「利益を得るために使ったお金すべて」です。この経費を利益から差し引いた金額に対して課税されるのです。自分たちフリーランスの立場で働く自営業者たちが必死になって経費についてよく口にするように、申告額で税金を支払う立場の人たちには非常に重要なテーマなのです。経費は、人件費や、事務所用に部屋を借りた場合の家賃や、事務所の光熱水費といったわかりやすい経費以外にも様々な費用が経費の対象になります。

フリーランスとして働く場合は、取材費、通信費、インターネット接続費、図書研究費、接待交際費、宣伝費などが頻繁に登場する経費でしょうか。条件付きで認められる経費も、仕事に関わった費用であることが条件です。仕事の打ち合わせのための、喫茶、会食費は、接待交際費、仕事でしか使わない衣服は、作業用衣料費、仕事にしか使わないバッグは雑費、取材のための旅行や商品やサンプル購入は取材費として計上します。

経費の区別がわからなくなってきたたら、経費の考え方について、もう一度考え直してみましょう。経費として認められるには、あくまでも仕事と関係したもの、もうけを得るために費やした費用が形にあたると理解しておくと間違いないでしょう。

では、申告時に経費として認められないケースもあるのでしょうか。まず、所得税や住民税などの税金は経費にはなりません。日常生活で使う衣類や装身具、美容院代なども経費にはなりません。家族と訪れたレストランの食事代も経費にはならないのです。